ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自動更新の動作を制御する

グループポリシーやローカルポリシーにより、Windows Updateの自動更新の動作を
制御できることはよく聞きますが、
複数あるポリシーの説明文がなにぶん分かりにくいため、
各ポリシーの効果を簡単に説明してみようと思います。

なおローカルポリシーを変更するには、
「ファイル名を指定して実行」で「gpedit.msc」と入力してOKボタンを押し、
左側ペインのツリーを
  コンピュータの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→Windows Update
と展開します。

1.自動更新を構成する
  自動更新を実行する時刻を指定します。デフォルトは深夜3時になっていたような?(未確認)
  指定時刻になると更新パッチがインストールされます。
2.自動更新のインストールを再度スケジュールする
  前回PCシャットダウン時にすべての更新パッチがインストールされていなかった場合に、
  PCが起動してから残りのパッチがインストールされるまでの時間を指定します。
  デフォルトは1分。それほど重要な項目でもないので変更しなくてよいと思います。
3.スケジュールされた自動更新インストールに対しては自動再起動しない
  更新パッチのインストールが完了した直後、再起動を促すためのポップアップが
  表示されますが、このポップアップの種類を決定します。
  有効にした場合は、再起動までのカウントダウンが行われないタイプ、
  無効または未構成の場合はカウントダウンが行われるタイプになります。
4.スケジュールされたインストールの再起動を遅らせる
  3の項目を無効または未構成にした場合の、カウントダウンの時間を指定します。
  デフォルトは5分。
5.スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する
  ポップアップで「後で再起動する」を選んだ際、再びポップアップが表示されるまでの
  時間を指定します。デフォルトは10分、最長は1440分。

デフォルト状態では勝手にカウントダウンが始まり、「後で再起動する」を選んでも
10分後にまたカウントダウンが始まるため、仕事中などで再起動したくない場合に
困ることがあります。
3の項目を有効にし、5の項目も長めに時間設定しておけば、ポップアップの煩わしさを
解消することができます。
ただし1回目のポップアップ表示はどうやっても回避できません。

簡単に、と書きましたが長くなってしまいました。
間違いがあればご指摘をお願いします。

PageTop

XPの検索オプション

XPの検索オプションの中に「テープバックアップの検索」のチェックボックスがあります。
このオン・オフを切り替えるには下のレジストリ値を設定します。

 HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\
 SearchSlowFiles
 1=オン、0=オフ

逆にチェックボックスのオン・オフを切り替えればこのレジストリ値が切り替わりますが、
切り替わるタイミングは検索ボタンを押した時点になります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。