ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

内閣退陣について思うこと

鳩山内閣退陣にあたり、鳩山氏と新首相となる菅氏について思うところを書いてみます。
(おおむね批判的な内容です)

まず鳩山由紀夫前首相について。
私は首相就任前のブログでこの人について書きましたが、
いま読み返してみると予想が悪い方に当たっている部分が多く、苦笑してしまいました。

この人は首相になってからも、一貫性のない言動ばかりしていましたし、
散々「政権投げ出し」「無責任」と批判してきた自民党政権より短期間で投げ出してしまいました。

就任当初は「総理の座にしがみつくつもりはない」と言っていましたが、
支持率が低下し批判の集中砲火を浴びても、かなり粘ったのではないかと思います。
とはいえ今に至ってなぜ急に辞任するのか理由は説明されず、退陣会見もしないようなので
これでは無責任と批判されても仕方ないと思います。

普天間の問題についてもそうですが、私が期待していた、政策の論理的な説明は
結局最後までなされず、どうも最後には有権者から「この人の言葉は聞いても無駄」と
諦められていたフシがあるのは、大変残念でした。


しかし大事なことは、この人を総理大臣にしたのは日本の有権者であるということです。
その原因を作ったのはマスメディアによる低俗な報道であることも明白です。

ある程度、政治を継続して眺めている人なら、鳩山氏が論理的な説明をできない人物であることは
分かっていたはずですし、民主党が衆院選で掲げた政策の多くが実現不能、または
実現しても有効でないことも気づいたはずです。

鳩山政権の支持率が下落していく中で私が感じたのは、
支持から不支持に転じた人は、一体何を支持していたのか、という疑問です。
期待を裏切られたと感じる人がいるのであれば、その人はもっと自分の視点で継続的に政治を眺め、
自分の基準で政治を評価することを目指すべきではないでしょうか。(私自身も含め)

鳩山政権は私の中で、何一つ有効な政策を実行できなかった政権として、
記憶されることになると思います。


次期首相となる菅直人氏について。
厚生大臣時代に薬害エイズ問題で謝罪した時、私は誠実な人物であるとの印象を持ちました。
ただ誠実だと感じたのはその時だけで、
以後は鳩山氏と同様に政敵を皮肉ったり、大声で批判したりする姿ばかりが印象に残っています。
「未納三兄弟」発言などは喜劇として有名かもしれません。

鳩山氏と若干異なり、
菅氏の場合は論理性の乏しいことを「強弁」する傾向が強いと感じています。
首相の発言を聞いて、気分が悪くなる機会も多くなるかもしれません。

参院選まで一カ月あまりですが、新首相の口からはできるだけ、政策や将来のビジョンなどを
分かりやすく語って欲しいです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。