ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

映画「ねらわれた学園」感想

ねらわれた学園」を観てきました。

前にたまたま劇場の予告を見て興味を持ったのですが、
青春ものっぽい内容と猟奇的なタイトルにギャップを感じて、
事前に概要を調べていったのです。
かなり古い原作で、SF色の強いストーリーのようでした。

実際に観てみると、いきなり未知のアイテムが出てきたりして、
SF部分が物語の軸になっています。
ただ本作は人間関係や心情に主軸を置いているようで、
SF要素はそれほど力を入れて描かれていない感じです。
そのため少々説明不足と感じるところも。
ただこれは別の部分に主軸を置いているためで、意図的なものなのでしょう。

特筆すべきは映像の美しさ。
光や波、空、風などの表現の美しさは圧倒的です。
全カットにわたって何らかの映像効果が施され、
非常に高いクオリティの映像になっています。
他の多くの劇場作品が見本にするべきレベルでしょう。
劇中で「空気に匂いがする」との台詞がありましたが、
まさに空気を感じられる映像でした。

キャラクターの心理も丁寧に描かれており、魅力的です。
恋愛の酸っぱさを思い出させてくれます。
キャラの描写に関しては、いかにもアニメっぽい動きやアングルが多いので、
慣れてない人は抵抗を感じてしまうかもしれません。(これは心配しすぎかも)

少しヲタクっぽい話をすると、自分はもともと幼なじみ派というよりは
長髪お嬢さま派だったのですが、
(ドラクエでいうとフローラ、アスラクラインでいうとかなで派)
この作品で見識を改めました。
幼なじみって、本当に良いものですね。

作品の知名度がもっと高ければ、公開直後から話題沸騰していても
おかしくない出来だと思うのですが、
公開劇場が少ないせいか少々盛り上がりに欠ける気がします。
少しでも興味のある人はぜひ観ておくべきでしょう。
今ならミニ色紙も貰えるよ!


以下はおまけです。
最近観て記事にしていなかったアニメ映画の感想を、
つらつら書いていきます。

【劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-】
前半はTVシリーズとほとんど同じ。
TVの出来は素晴らしかったですが劇場で見るとちょっと物足りない感じが。
後半のオリジナル部分は質が上がっていました。来年公開の続編は、
予告を見るとクオリティが段違いに良さそうなので、大いに期待しています。

【劇場版 魔法少女まどか☆マギカ前編/後編】
こちらもTVシリーズとほぼ同じですが、映像の質が全体的に上がっている感じでした。
TV版ファンとしては期待通りの出来で満足できるものでした。
上映終了後になぜか拍手が起きてましたw愛されてる作品ですね。

【マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!】
随分昔にマクロス7のTVシリーズを見たことがあったのですが、
見事にストーリーを忘れてて「こんな話だっけ?」と不思議に感じながら見ていました。
バサラの格好良さは相変わらず。
さすがに古い作品なのでスクリーンで長時間見るにはちょっと質が足りない感じでした。
マクロスFのパートは良い出来なのでこの部分は何度でも見たいです。

【009 RE:CYBORG】
まだまだ珍しい国産3Dアニメ。ですが3Dっぽさを極力抑えていて、
2Dのアニメと全く変わらない感覚で迫力ある3D映像を見るという新鮮な体験でした。
音楽も素晴らしく、ストーリーは少々分かりにくかったですが満足の内容。
映像面では新境地を開いたといっても良いのでは。
このくらいの質の3Dアニメが量産されるようになるといいですね。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。