ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

参院選の前にこれまでの反省

4年前、民主党に政権を与えた衆院選と、
昨年自民党に政権を戻した衆院選。

3年間で結果がまさに180度変わりましたから、
4年前の有権者の選択は、「誤りだった」と言って
差し支えないと思います。

なぜ有権者は誤ったのか。

記憶を頼りに振り返ってみます。
民主党政権誕生の流れは、6年前の参院選から始まりました。
当時の安倍内閣は、年金問題やら政治とカネの問題やらで
野党とマスコミから猛批判を受け、大敗しました。
ただ当時あれだけ盛り上がっていた年金制度改革は
今では全く触れられなくなりました。
政治とカネ問題にしても、法的に問題ないのに
「説明責任を果たせ」などとマスコミお得意の台詞で
批判を繰り返していただけで、結局何も結論は出ませんでした。

その後、小沢氏が率いた民主党は何でも反対する野党となり、
日銀総裁人事やガソリン暫定税率など国会審議が
まともに進まなくなり、マスコミも与党批判をしてばかりの
状況が続いたため、自民党への批判が高まって
のちの政権交代につながりました。

最近は野党が暴走すると、多くのメディアはちゃんと
野党批判をやっていますが(6月の問責騒動は記憶に新しいです)、
この時期のマスコミの偏向報道は常軌を逸しており、
おかげで私もマスコミ不信になってしまいました。

報道に影響された一部の人が、「自民党にお灸を据える」
などと考え、政権を担えるわけもない野党に投票するだけで、
小選挙区制では結果が大きく変わります。
(民主党が政権を担えないことは、マニフェストなどをよく見れば
 判ることでした。)
それだけ政治を伝える側の影響は大きいということです。

有権者は4年前の過ちを繰り返さないためにも、
報道に惑わされず、政治を任せるに値する候補者や政党に
投票するべきと思います。

「お灸を据える」「暴走を止める」「一度やらせてみよう」の言葉に
引っかからないようにしましょう。



話は変わって、Webで公開されているボートマッチを
いくつかやってみましたが、結構面白いですね。
参院選の比例区のように、候補者が多くて選択が難しい場合は、
自分の考えに近い候補者を簡単に見つけられるボートマッチが
役に立ちそうです。

ちなみに私の考えにいちばん近い政党は、
幸福実現党だそうです・・・

毎日新聞ボートマッチ
日本政治.com 投票マッチング

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。