ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年アニメ映画感想

ベルセルク以来、アニメ映画の感想を書いてなかったので
ここでまとめて残しておきます。満足度(5点満点)つきです。
ことしもいろんな映画を観たなぁ。

【とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-】(満足度★★☆☆☆)
テレビシリーズのノリを引き継ぎ、お馴染みのキャラ総出演の内容で、
既存ファンには満足いくものだったと思います。
一番の特徴は歌とバトルを融合させた点ですが、どうしても
マクロスFと比べてしまい少々見劣り感を受けてしまった。

【花咲くいろは HOME SWEET HOME】(満足度★★★☆☆)
アニメにしては珍しいほどキャラクターの内面描写がしっかりしていて、
劇場版向けの題材ではないという事前の見立てを見事裏切ってくれました。
作画も頑張っていて、ファン向けの映画として100点に近い出来だったと思います。

【AURA~魔竜院光牙最後の闘い~】(満足度★★☆☆☆)
ストーリーの面白さは今年一番と言っていいほどでしたが、
映像がテレビアニメ並みの質で、音楽と映像もあまり合っておらず、
いろいろと残念なところの多い作品でした。いずれリメイクしてほしいところ。
ちなみに後で原作を読みましたがすごく面白かった。

【ハル】(満足度★★☆☆☆)
恋愛ファンタジー(?)といった作品で、こういう映画を普段観ないので
評価が難しい。作画は高水準で安定しており、観て損はない作品と思います。
肝心のストーリーが若干弱めな感じが・・・

【言の葉の庭】(満足度★★★☆☆)
綺麗にまとまった作品。
映像の美しさもさることながら、観た後にいろいろと考えさせられる
大人向けメッセージ(?)の濃いストーリーでした。
子供と大人の違いは何なのか、大人になるとはどういうことなのか。
答えは簡単に見つかりません・・・

【空の境界 俯瞰風景3D】(満足度★★★☆☆)
原作を全く知らずに観ましたが、映像の質が高く、
ストーリーも原作に忠実に作られていると推測されました。
コアファン向けの映画はこう作るべし、という所でしょうか。
かなり楽しめました。

【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。】(満足度★★★★★)
テレビシリーズに子供時代と1年後のストーリーを加えた内容ですが、
3つの夏の「かくれんぼ」が全てクライマックスに向けて収斂してく
流れは鳥肌もの。映像と音楽も申し分なく、お勧め度は今年一番の作品でした。
ぜひ多くの人に観てほしい作品です。

【キャプテンハーロック】(満足度★★★★☆)
貴重な国産3DCG。日本のCGアニメでここまで美しい映像のものは
これまで無かったでしょう。古い原作ですが、ストーリーやキャラも
古臭さはなく、実写でも2Dアニメでも表現できないお耽美の世界を
見せてもらいました。あまりヒットしなかったようなのは残念。
キャプテンの格好良さはほんとに素晴らしかった。

【小鳥遊六花・改 ~劇場版 中二病でも恋がしたい!~】(満足度★★★☆☆)
新規パート+総集編。総集編部分はかなり端折り気味のため、
ストーリーは雰囲気しか伝わらないでしょうが、六花ちゃんの可愛さを
前面に押し出した戦略にはむしろ好感を覚えます。
AURAもこのくらいのクオリティでやってくれれば・・・

【空の境界 未来福音】(満足度★★★☆☆)
例によって原作を知らないまま鑑賞。相変わらず質の高い映像と、
原作に沿った(と思われる)ストーリーで、ファン向け映画として
安定感がありました。少々アクションシーンが少なかったのが物足りない点。

【魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語】(満足度★★★★★)
言わずと知れた人気作。
人気作の続編として、前作と密接な関係を保ったまま挑戦的に
新しい解釈を加えたストーリーは驚異的でした。
映像、音楽、また作品に加えられたアイデアの濃度も素晴らしく、
単純な善悪では語れない結末も含めて、現代アニメの最先端を行く作品と
言ってよいと思う。

【サカサマのパテマ】(満足度★★★★☆)
突飛な世界観が特徴の作品ですが、作りが丁寧で分かり易く、
アニメならではのストーリーも魅力的で楽しめました。
映像も綺麗で、キャラクターも可愛く、
「オリジナル劇場アニメはこうあるべき!」というお手本のような作品。
良作でした。


さて、来年はどんな映画に出会えるでしょうか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。