ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

選挙区

外をぶらぶらしていると、バインダーを持った人につかまって次期衆院選のアンケートを受けました。
そういえばこの人、数週間前にも同じ場所で見かけたなぁ。

質問は4つでした。
1.年齢
2.選挙区の立候補予定者のうち、今投票するなら誰か
3.同じく比例区で投票する政党は
4.支持政党(あれば)

出口調査などでは嘘をつくと楽しい・・・というような話も聞くのでどう答えるか迷いましたが、
結局まじめに答えました。

選挙区の投票先を考えていてふと思い出しましたが、私は小選挙区制というのがあまり好きではありません。
小選挙区制は二大政党制実現のために有効な制度と言われますし、実際「無党派層」と言われる一部の人々の動向で結果が180度変わるため、政権交代が起きやすくなるスリリングな制度でしょう。

反面投票した候補者が当選しない「死票」の割合が多くなるので、
自分の一票が政治に反映されないと感じる人も多くなるでしょう。

私は無党派ですが何故か投票した人が落選する場合が多いので、しばしば投票の無意味さを感じることがあります。
自分の一票を生かすには当選すると思える人に投票するしかないですが、そんな競馬予想のようなことをしたくはないですし・・・
もっと一票一票が生かされる制度にすれば、投票に意義を感じる人が増えて投票率も上がるかもしれません。

次期衆院選では選挙後に政界再編が起きる可能性が高いと思いますので、
政党ではなく人物本位で投票先を決めようと思います。
自分の意見を託せる人を見極めて投票します。死票になるかもしれませんがそれはそれで。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。