ごく一般的なブログです。映画の感想やITの話など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アニメ映画感想いろいろ

しばらくアニメ映画の感想を書いていなかったので、
簡単ですがまとめて記載しておきます。これからはまめに書いていこう…。


【LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標】(満足度★★★☆☆)
真面目なハードボイルド作品。作中ドリルが出てきたり、早撃ちや逆狙撃の対決があったりして、
緊張感に溢れていました。次元はじめ、キャラクターは皆格好良かったですね。
劇場の雰囲気が、作品に染まっているように感じました。小品ながら、良作でした。

【ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!】(満足度★★★★☆)
OVAのイベント上映。ですがかなり宣伝に力が入っていた印象で、
作品の内容としても新キャラや新戦車がいろいろ登場したりして、
OVAとは思えない力作でした。今年(2015年11月)公開される劇場新作も非常に期待が持てます。

【STAND BY ME ドラえもん】(満足度★★★★☆)
3DCGの大人向けドラえもんといった作品。ドラえもんの感動エピソードを集めたような内容でしょうか。
新鮮な気持ちで観れました。CGもよく出来ていましたが、劇場の設備がしょぼすぎて残念な映像でした。
設備は何とかならないものでしょうか。続編も作ってほしいですが、エピソードが足りないかも。

【進撃の巨人】(満足度★★☆☆☆)
テレビシリーズの総集編。前編・後編とも観ました。
テレビ版が傑出した出来だったので、劇場で見ても全く遜色ありませんでした。
まあプラスアルファの要素が少ないので、既存ファンとしてはやや物足りない感じ。

【楽園追放】(満足度★★★★☆)
フルCGの意欲作。かわいいキャラクターと、シンプルながらも考えさせられるストーリーで、
オリジナル作品としては王道の作品でしょう。観終わった後の後味の良さが素晴らしく、
劇場内で拍手が起きていたほど。CGも良い感じで、おススメできる良作です。

【アップルシード アルファ】(満足度★★★☆☆)
こちらもフルCG作品。シリーズの前日譚らしいですが全く知らない状態で鑑賞。
CGは洋画かと思うほど綺麗だし、音楽は格好良いし、ストーリーも分かり易くて楽しめました。
3Dで観たかったのですが、近所の劇場ではやっていませんでした。というか3D版って上映してたんですかね…?

【サイコパス】(満足度★★★★★)
テレビ版2シリーズを観てから鑑賞。テレビ版からそうですが、やはりストーリーが素晴らしく、
クライマックスの盛り上がりは最高でした。アクションシーンの格好良さも特筆ものでしょう。
宜野座さん格好いい!続編もぜひ作ってほしいです。

【境界の彼方 -I'LL BE HERE-】(満足度★★☆☆☆)
テレビシリーズは観ませんでしたが前編・後編とも鑑賞しました。
ストーリーは結構うまくまとめられていた感じで、ちゃんとついて行けました。
既存ファンも納得する作りだったのでは。個人的には、エピソードがいろいろ省かれていたせいか
いまいち入り込めなかったかな…。

【ラブライブ!The School Idol Movie】(満足度★★★★★)
テレビ版2シリーズを観てから鑑賞。映像が綺麗で、作画の良さは最高峰。
ライブシーンもふんだんに入っていて、作品の魅力が発揮されていました。
こういうアイドルアニメが観たかった!製作費もかなり高かったと思われる(笑)贅沢な一品。


ということで、明日はここさけを観て来ます。

PageTop

『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』感想

『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』を観て来ました。
原作はほとんど知らないのですが、タイバニRisingを観たときの
予告編で気になって、観に行くことにしました。

貴重な国産フルCGアニメ。昨年のキャプテンハーロックには
及ばないかもしれませんが、映像の美しさはいつまでも観ていたい
欲求が生まれるほどです。
驚いたのはキャラの表情の豊かさ。
ギャグ顔も泣き顔も違和感なく、髪のふんわり感もすごくて
CGなのにここまでできるのか、と感心しました。
コメディパートが多めでしたが、テンポの良さもあって
ニヤニヤさせられました。

ストーリーは王道も王道、少年がピンチを乗り越えて
ラスボスと戦ってちゅどーん!という感じですが、
これにテンポの良さが加わって最後まで飽きることなく
観ていられました。

入場者特典でもらった資料集が、素人には非常にありがたい。
デスマスクのおっさんがイメージと全く違って、
歌って踊っていたのには苦笑しました。
あと美人のアフロディーテさんはもっと活躍するかと思ってました…。

ヒロインの声優はももクロの人のようですが、
やはり他のキャラに比べ違和感があります。
アイドルにも上手い人はいるので「素人を使うな!」
とは言いませんが、もう少し頑張ってほしいところ。
キャラは可愛くて非常に魅力的でした。
とくに破れた○○○の表現が素晴らしい。スタッフは良く分かっています。

国内ではいまいち流行らないCGアニメですが、
秘めた可能性は相当のものです。
作画崩れも気になりませんし(当たり前ですが)
派手な甲冑や衣装、建築物もCGでしか描けないものでしょう。
それに今作のような感情表現やコメディが加われば、
これまで見たことのない作品も作れると思います。
もっとCGアニメの人気が上がってほしいですね。

続編があれば是非観たいですが、いつになるか分からないので
とりあえず今作をもう一度観に行きたいと思います。

満足度★★★★☆

PageTop

たまこラブストーリー感想

「そらのおとしものFinal」に続き、同日公開の
「たまこラブストーリー」を観て来ました。

新宿ピカデリーはたまこ一色になってて、かなり宣伝に力が入っています。

内容はタイトル通り、何の変哲もないラブストーリー。
キャラの心理描写がメインで、アニメ映画定番の派手なバトルやライブ、
劇的なストーリーは勿論なし。穿った見方をすれば、
「これを映画でやる必要あったのか?」と感じるかもしれませんが…。

キャラの描写は抜群。細かい所まで描いてるし、演出の楽しさと合わせて
画面を見てて退屈しません。

脚本はちょっとリアリティが足りない感じがしましたが、
まあアニメだから当然でしょうし、深夜アニメ発の可愛いキャラたちが
青春してる姿は、メルヘンの世界をのぞいている風で、
観ていて幸せな気分になります。
「けいおん!」は女の子ばかりの花園でしたが、
恋愛を扱ってもちゃんとメルヘンな花園になるんだな、とちょっと感動。
これも男子キャラの可愛さ故でしょうか?

やっぱりアニメって良いものです。

こういうアニメ映画っぽくない恋愛ものが制作されたのも、
これまでアニメ映画を作ってきた京アニや山田監督の実績が
あってこそなのでしょう。
このことからも、アニメ映画のすそ野が着実に広がっていることを感じます。

そして内容も期待に応えるものになっていると思いますので、
今後もこういうチャレンジングな作品が作られるかもしれませんし、
そういう意味で画期的な作品と言えるのではないでしょうか。

満足度★★★☆☆

PageTop

「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠」感想

「そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠」を観て来ました。

上映時間50分、通常料金1200円の短編で、映画というより
劇場版前作の後の番外編という感じですね。

最初と最後にイカロスがシナプスに向けて飛行するシーンがあって、
アニメ版しか知らない身としては前後にどんなストーリーがあるのか
分からない状態になりましたが、それ以外の個所はいつもながらの「そらおと」で
ギャグシーンが多く、面白かったです。
劇場では何とか堪えましたが、家で見てたら声を出して笑ってたでしょう。

いきなり前作で消えた日和ちゃんが出てきて、心の中で歓喜してみたり。
日和ちゃんやカオスが日常に溶け込んでいる姿が可愛くて、
こんなシーンをまだまだ観ていたいなぁ、と感じてました。

前述のとおり、前後のストーリーがさっぱり分かりませんが、
原作なり続編なりを見ること前提だと割り切れましたので、
全体的にかなり楽しめました。
最初からストーリーを知っている人が観たら、消化不良すぎると
感じてしまうかもしれませんが、下手に詰め込もうとしても
ダイジェストになってしまうことがよくあるので、
この割り切り方は悪くないのではないでしょうか。

前作のような派手なバトルシーンが無かったのが少々物足りませんが、
主題歌も良かったし、1200円の価値はあったと思います。

これでFinalと言わず、ぜひぜひ続編をお願いしたいです。

満足度★★★☆☆

PageTop

劇場版モーレツ宇宙海賊 感想

劇場版『モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-』を観て来ました。
入場するときに「モーパイ新聞」という新聞を貰ってちょっとびっくり。
乗っ取り計画という企画がリアルの方で実施されるらしくて、
どこが乗っ取られるのかちょっと楽しみです。

内容の方は、既存ファンを喜ばせてくれる良い出来。
おなじみのキャラクターが勢ぞろいでお祭り感が強いうえ、
単純なお約束に陥ることなく生き生きと動き回っているのが
なんとも楽しいです。
CGと作画もテレビ版以上に質が高く、特に作画は全編に渡り
凄く気合が入っています。劇場作品として十分なレベルでしょう。

ストーリーの方も、濃い密度でラストまで突っ走ってくれて、
やや駆け足の印象がありますが、電子戦や白兵戦などモーパイらしい
要素もてんこ盛りで楽しませてくれます。
メインに据えられているのは新キャラである彼方くんの成長で、
モーパイの本筋からは(今のところ)離れた内容なので、
人によってはちょっと感情移入しにくいかもしれません。
逆に作品をあまり知らない人は入り込みやすいかも。

それにしても船長がすんげー美人です。
彼方くんはもうずっと、船長の匂いとか声とか忘れられないはず。
2,3年後に成長して帰ってきて、船長の正妻争い(!)に
名乗りを上げてくれるでしょう。
罪作りな船長です。

満足度★★★☆☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。